コングロマリット・ディスカウント(Conglomerate Discount)

多角的事業を行う企業を相対的に低く評価する現象のこと。投資家は、株式市場で自らリスクを分散させることができるため、事業内容が複雑な多角的事業を行う企業に投資することを避ける傾向があるという仮説がある。

BIZIGN

ページトップ